旦過市場の中にある角打ち

現在四代目のおかみさんが守る老舗。店の構えは、小倉練兵隊馬小屋の木材を再利用しているとか。「ポケットの小銭で飲める店」で、「おいしい」と言ってもらう幸せを大切にしている心意気が嬉しいお店。酒各種類・おつまみは手作りで盛りだくさん。
ナビゲーター 桜井 淳子

☎093-521-3646
住)小倉北区魚町4-5-4
営)9:30〜19:00
休)日曜


美人のおかみさん。

銘酒を色々味わいたいならここ。



藤高家の食卓へいらっしゃい!

カウンターに並ぶ惣菜は約5~6種類。毎日午後3時までに作られる藤高家の味だ。「売れ残ったら、私たちの夕飯のおかずになるんですよ」と、明るく笑うおかあさん。出汁がしみたおでん(各90円)、注文後に握ってくれるおむすび(おかか・こんぶ、各100円)はおふくろの味を彷彿させ、涙する輩もいるとか。鉄の男たちが、癒しを求めて訪れる店だ。
ナビゲーター 常軒 貴美子

☎093-871-4159
住)戸畑区元宮町4-15
営)15:00〜20:00 
休)日曜・祝日


明るい気持ちにさせてくれる陽気なおとうさんと,朗らかなおかあさん。

新日鐵住金(株)八幡製鐵所の近くにある。



気軽におしゃれに楽しむ角打ちバー

創業70年「酒の阿波屋」店内に、2016年9月にオープン。レアな日本酒、焼酎、ワインがそろっている。フル(100ml・400円~)、ハーフ(50ml・230円~)があり、いろいろな種類を味わえるのが魅力。不定期で開催している、「日本全国・地酒の旅」の3種飲み比べセット(600円)、珍味3種セット(1,400円)もオススメ。手作りのおつまみも美味しい!
ナビゲーター 神田 優紀

☎093-321-3221
住)門司区清見2-16-27
営)17:00〜22:00
休)月曜・第2日曜


三代目・阿波孝浩さんと一緒に。グラスに注がれた日本酒でカンパーイ!

多彩な酒と料理が自慢の店。



有次酒店は現在角打ち営業を中止しています。6月中旬より時短にて再開予定です。

大里に根付くパブ文化

JR門司駅から徒歩数分のみずき通りの商店街に位置する。朝8時より開店し、店舗の入り口から入ると、10〜15人位の収容スペースがあり、皆、談笑しながら酒を楽しげに飲んでいる。営業時間が長いため、色んな年代の客が来店する。昼は買い物や商店街の散歩客、夕暮れは会社員で賑わっている。千ベロ(千円でべろべろ)で充分! 腹も膨れる、楽しい店だ。
ナビゲーター 緒方 仁

☎093-381-1049
住)門司区柳町2-4-14
営)8:00〜20:00
休)日曜・第3月曜


常時10種類ほどの手作りのつまみや、定番の乾き物を提供している。

創業95年超の老舗。



天籟寺川下流にある酒店

店の前を流れる天籟寺川。その上流では、かつてアユも泳いでいたんだとか。コの字型カウンターを囲み、椅子が置かれているのが有り難い。「ベビーハム」(200円)、「ニラ入り玉子焼き」(100円)と、安くて旨いおかあさんの手料理に酒がすすむ。
ナビゲーター 竹内 洋一

☎093-871-2315
住)戸畑区丸町2-13-14
営)16:00〜20:00
休)日曜・月曜・祝日(要確認)


常連さんたちがやさしく手招きしてくれる。

ところてん(130円)もオススメ!安価で酒にあうメニューが嬉しい。