角打ちとは


 

■辞書にはどう書かれているか

 1989年版の「日本国語大辞典」(小学館)には、「酒を升にはいったまま飲むこと」。方言として、「升で酒を飲むこと(福岡県)、酒屋の店頭で酒を飲むこと(佐賀県)、金銭を出し集めて宴をすること(大分県)」と書いてある。
 2018年1月に発刊された「広辞苑七版」には、「酒を枡(ます)で飲むこと。また、酒屋で買った酒をその店内で飲むこと」とある。その他の辞典も「升で酒を飲むこと」と「酒屋の店頭で酒を飲むこと」とを併記している。
 しかし、この2つのことは同義である。というのは、升は酒器(飲むためのもの)ではなく計量器であり、酒を量り売りするために酒屋などで使うものだったからである。それ以外の場所であの飲みにくい升で酒を飲むことは考え難い。量り売りをした升でそのまま飲んだのが角打ちである。だから、角打ちとは、「酒屋の量り売りの酒をその場で飲むこと」と言うだけでよいはずだ。尺貫法からメートル法に変わった現在は、枡ではなく「検定コップ」(やはり計量器)に変わっただけで、「酒屋で飲むこと」になんら変わりはないからである。
 また、読み方は、カクウチである。「かどうち」と言うのは「角打ち」と漢字で書いたものの読み間違いである。というのは、地域によっては「カクチ」とも言っているからだ。豊前の角打ち店で「カクチ」と張り紙をしていたのを見たことがある。また、「柳川方言総めぐり」には、「かくちする(角口する) 枡の角に口をつけて飲む」とあり、炭鉱記録画家の山本作兵衛さんの日記にも「カクチ」と書かれているそうである。


床几に座って酒屋で居酒をしている

■角打ち(酒屋飲み)はいつ頃からされていたのか

 「続日本後記」に、ある皇族が酒肆(しゅし)で酔っぱらって人を殺してしまったという記述がある。ここにある「酒肆」が酒を売るところであるとするならば、平安時代にすでに酒屋飲みがあったことになる。また、一般に大衆が酒屋飲みをし始めたのは江戸時代であることは江戸時代の様々な文献(風俗画、俳諧など)が示している通りである。


■「角打ち」という言葉はいつごろからあったのか

 江戸時代の風俗画には、酒の小売店である升酒屋で床几などに座って飲んでいる様子が描かれている。そして、酒屋で飲むことを「升酒」とか「居酒」とか言っていたことが、いろな文献に残っている。江戸時代の庶民は酒屋飲みをしていたのだが、そのことを「角打ち」とは言っていないようである。「角打ち」という言葉が江戸にあった可能性は極めて低い。
 一方、九州北部では江戸時代から「角打ち」と言う言葉が使われていたと覗わせる文献がある。
 昭和17年に刊行された「吾等の枝光」の中に「多七郎どんの角打」という昔から語り継がれてきた話があり、その中に「角打といふのは、筑前の國のお國自慢の名物のひとつであった」とある。この話の舞台は、文久・慶応の頃である。語り継がれてきた話なので、これだけで文久・慶応の時代に「角打」という言葉があったと結論付けるのは早計に失するであろう。筑前の国の風土記などで確認する必要がある。
 また、明治35年に発行の「佐賀縣方言辭典」には、「かくうち」と「かくまわし」が方言として掲載されている。少なくとも明治35年以前から「かくうち」という言葉が佐賀県にあったいうことになる。北九州市に官営八幡製鐵所が開業する1年後に発行された辞典である。


■「角打ち」はどこの言葉か

 九州北部の方言であったことは、「日本方言大辞典」(小学館 1989.3発刊)の以下の記述の通りである。
かくうち〔角打〕
(1)升に入ったままの酒を飲むこと。福岡県・熊本県下益城郡
(2)酒屋で立ち飲みすること。佐賀県・熊本県
《かくち》熊本県玉名郡
《かくうち酒》福岡市・佐賀県
(3)金銭を出し合って宴会をすること。大分県大分郡・北海部郡
《かくち》大分県玖珠郡


■酒屋の店頭で飲むことをどう言うか

 「角打ち」が九州北部の方言であるとしたら、他の地方では酒屋の店頭で飲むことをどういうのか。 関西では「立呑み」、東北では「もっきり」、その他、「たちきゅう」、「ではい」、「てっぱつ」という地方もあるようである。
 江戸では、「居酒」や「升酒」と言っていた。現在では、一般的には、「立ち飲み」、「コップ酒(飲み)」である。


■なぜ「角打ち」というのか

 これについては、今のところはっきり分かっていない。
 明治の終わり頃を舞台にした火野葦平「花と龍」に、角打ちは「枡の角から、キュッと、冷酒を一息に飲むことである」とある。少なくとも葦平は、「角」は枡の角、「打つ」は、キュッと一息に飲むこと理解していたことが分かる。はたしてそうなのかどうかはこれだけでは分からない。
 また、「佐賀縣方言辭典」にあるように「かくうち」と「かくまはし」が同義であるとすれば、「かく」は枡である可能性が高い。柳田国男は、宴会などに列席できない奉公人や「下僕」と言われていた人たちが酒屋に行って飲むことをカクウチと言ったと書いている。また、日本方言大辞典には「金銭を出し合って宴会をすること。大分県大分郡・北海部郡」とあり、柳田国男が書いていることと相通じる。正式な宴会に加えてもらえなかった人たちが酒屋で枡の回し飲みをして自分たちの宴会をしている光景が目に浮かぶ。
 さらに、前述の「柳川方言総めぐり」には、「かくちする(角口する) 枡の角に口をつけて飲む」とあり、「角打ち」ではなく「角口」としている。
 いずれも、なぜ角打ちというのかの決定的な解答になっているとは言い難い。


■立ち飲みと角打ち

 よく飲食業の立ち飲みと混同されることがあるが、サービスの種類が違うのである。角打ちは販売業であり、立ち飲みは飲食業である。飲食業のうち、立って飲ませるのが「立ち飲み」だ。角打ちは、酒屋(酒類小売業)の店頭で飲むことを言うので、立って飲もうが座って飲もうが関係ない。飲ませるところではないので、結果的に立って飲むことになるだけである。
 酒屋(販売業)での店飲みと、そうでない飲食業の「立ち飲み」とは違うのだが、「角打ち」というインパクトのある言葉を使いたくて「角打ち」とか「角打ち風」「角打ちスタイル」などという言葉を使っている飲食業(立ち飲み、大衆酒場、居酒屋)が増えてきている。そして、そのあたりの事情を汲んだ辞書も登場してきている。三省堂「大辞林」には、「酒屋で立ち飲みすること。また、立ち飲み屋のこと。」とある。時代が変われば言葉の意味も変わっていくのは当然だが、本義は本義として押さえておいたほうがいいかもしれない。


■「角打ち」に作法や流儀はあるのか?

 実も蓋もない言い方になるが、そんなものあるはずがない、いや、あってたまるかとも思う。
 もともと、「角打ち」に限らず、居酒屋の暖簾をくぐるなどということは、ちゃんとした大人のすることではなく、そういうことをする人は蔑まれていたことが江戸時代の風俗画や俳諧を見るとよく分かる。頬かぶりをして顔を隠してこそっと店に入っていたりする。
 「名月や居酒のまんと頬かぶり」 宝井其角 (元禄3年)
 柳田国男も日本人が独酌を当たり前にするようになったのは近年のことだと書いている。古来、日本人は結婚式をはじめ、いろいろな宴会などでお酌をしたりされたり、あるいは、盃を回し飲みをしてみんなで酒を飲んできたというのである。そこには、いろいろな作法や流儀があったことであろう。
 しかし、そういう宴会などに参加できない人たちがしていたのが「角打ち」である。そこでは作法や流儀は必要なかっただろうし、そんなことに囚われないで飲んだに違いない。
 角打ちにもっともらしい作法や流儀を振りかざす向きもあるが、根拠のないこじつけの域を超えてないように思える。
 ルールがあるとしたらそれぞれの酒屋で店主や常連客が暗黙の裡に持っている「お互いに困ることはしないでおこう」的なものであろう。酔っ払いをどう扱うか、どこまで許すかもその店の店主や常連客がその都度決めればいいことである。たまにしか行かない客が作法や流儀などをあげつらってもどうかなと思うのである。角打ちは社会の底辺層にいる人や大衆の酒の飲み方であることは肝に銘じておきたい。


(以上、文責須藤 出典を明らかにしての引用はご自由に。盗用はご遠慮ください。)

ページトップへ