角打ちについて

□□□ 角打ちとは □□□

 「角打ち(かくうち)」という言葉は、「広辞苑」(岩波書店)にも載っていない北部九州の方言として取り扱われてきたが、平成30年1月に改定された第七版には掲載されている。やっと「市民権」を得て「標準語」として認められたというわけだ。

 「広辞苑第七版」では、「酒を枡で飲むこと。また、酒屋で買った酒を、その店内で飲むこと」としている。「酒を枡で飲むこと」を角打ちというのなら結婚式などの樽開きをした酒を枡で飲むことも「角打ち」かと突っ込みたくなるのだが、ここで言いたいのは、酒屋は枡で計って酒を売っていて、その酒をそのまま飲むことを角打ちというようになったというための布石かもしれない。ともかく、「角打ち」の本義は「酒屋で買った酒を、その店内で飲むこと」だと定義した。

 飲食業の「立ち飲み」とは違うと明確にしたのである。立って飲もうが座って飲もうが、買った酒を店内で飲むのが角打ちなのだ。

 ところで、「酒屋で買った酒を、その店内で飲むこと」を角打ちと言わない地方もある。関西では「立呑み」、東北では「もっきり」、その他、「たちきゅう」、「ではい」、「てっぱつ」という地方もあるようだ。一般的には、「立ち飲み」、「コップ酒」である。

北部九州では、「角打ち」は昔から普通に使われている言葉である。「角打ち」という言葉がもともと北部九州のものであることは間違いない。東京などでも「角打ち」という言葉が使われることがあるが、これは九州から移住した人や単身赴任などで九州にいたことがある人から広まったのである。東京に「角打ち」という言葉があったとしたら江戸時代の風俗画や日記などに残っているはずである。また、近年マスコミなどで「角打ち」が取り上げられ出したことで全国で「角打ち」という言葉が使われ始めたのだろう。そこで「角打ち」が市民権を得て今回広辞苑に掲載されたわけである。

 一方、「酒屋飲み=角打ち」の発祥を北九州の官営八幡製鉄の労働者と結びつける人もいるが、これも間違いである。酒屋飲みの発祥は少なくとも江戸以前であり、全国どこにでもあったと考えられる。江戸時代の大衆が、升酒屋で飲んでいたことは様々な文献で示されている。

 しかし、「角打ち」という言葉が使われ始めたのは、「日本国語大辞典」をみても北部九州であることは間違いないであろう。文献としては、明治時代の北九州小倉を舞台にして書かれた「富島松五郎伝」(昭和13年脱稿)には、酒屋飲みとして「角打ち」が登場する。これを書いた岩下俊作は生粋の小倉人であった。

 「角打ち」という言葉の由来は、今のところここまでがはっきりしていることだ。それ以上のことは推測の域をでていないことである。何か新しく文献を探し出すほかない。

 「酒は飲むべし、飲まれるべし。味わうべきに非ず、ましてや語るべきには非ず。」
酒の肴に角打ち談義をすることは楽しい。それを否定するわけでは決してない。されど、事実は事実としてあるべきだとも思う。

(以上、文責須藤)

ページトップへ

□□□ 角打ちのススメ □□□

 酒の飲み方はいろいろある。懐具合や気分、時宜などによって安酒屋から高級料亭まで様々な場所や酒類を選んで飲むことができる。その中でなぜ敢えて「角打ち」なのか。「酒屋で飲むこたぁなかろ〜もん。なしか!」

酒屋は酒を売るのが商売であるから、酒を買ってくれる人はお客である。しかし、そこで立ち飲みし始めた人はお客ではないはずだ。飲んでいる人にサービスをする必要はないし、サービスすれば違法である。

 「角打ち」に飲食業者のサービスを求めてはいけない。そういうサービスが必要なら「飲み屋」で飲もう。笑顔も愛想もいっぱいあるし、食べ物だっておいしいものがたくさんある。飲み屋でしてもらえるサービスがなくても飲むのが「角打ち」である。いや、それがないのがよくて飲むのが「角打ち」かもしれない。

 「角打ち」は、正規のルートで入ってきた酒を安価に飲める。500円玉があれば、日本酒200ml(250円前後)とつまみでおつりがくる。これは、酒屋で飲むのだから当然と言えば当然である。

 「角打ち」には、飲み方の自由さがある。仕事帰りに気の合った仲間と一緒に来て軽く一杯やるのも、ひとり来て店主や常連客と軽口を叩きながら飲むのもいい。カウンターの隅でひとり黙って飲むのがいい時もある。冬の寒い時、乗り物待ちの3分間で身体を暖めることもできるし、乗り遅れた時間を分単位で調整するにもいい。また、本格的に飲みに行く前のウォーミングアップにもなる。
カウンターの前に立ち、飲んで、勘定して出て行くまで10秒とかからなかった角打ちを目撃したこともある。

 「角打ち」をやっている酒屋の中には、昭和の雰囲気をたっぷり残しているところがある。高い天井に残る剥き出しの電気配線や碍子、レンガを敷き詰めた土間、分厚い一枚板のカウンター、大きな柱にかかっている振り子の古時計、量り売りに使われていた陶器の4斗樽や升・・・
そんな雰囲気の中で、話し好きの店主にその店やその地域の歴史などよもやま話を聞きながら飲む酒は格別である。

 角打ちは、庶民の文化である。角打ち屋の敷居が高く感じられたとしたら、それは、私たちが庶民のこころを忘れてしまったからだと言っては言い過ぎであろうか。

(以上、文責須藤)

ページトップへ

□□□ 角打ちの流儀 □□□

広告紙を使って手織りした皿。よく見ると2重になっている。外側は再利用可能?

 角打ちの流儀は、角打ちをする人の数だけある。「角打ちは〜べきである」というのはその人個人の流儀であってすべてではない。「角打ちはひとりで行くものである」、「角打ち店では他の客に話しかけてはいけない」、「角打ちは10分以内にとどめるべきである」、「角打ちは日本酒ですべきだ」・・・・それぞれ結構なことである。それぞれが、自分が「粋」だと思う飲み方で飲めばいい。そんなことすら考えないで飲んだっていいはずである。

 角打ちの流儀は、角打ちをする側だけでなく、角打ち店やそこに集まってきている人たちの側にもある。自分の側の流儀だけを振りかざして角打ちをしてもまずいのである。自分の流儀と同じ流儀の角打ちができる店を探して角打ちをするのも、自分の流儀とは違う流儀の角打ちがされている店で「異文化角打ち」を楽しむのもいい。

 また、旨い酒を飲むとき、楽しい酒を飲むとき、哀しい酒を飲むとき、それぞれに違った流儀があってもいいではないか。

(以上、文責須藤)

ページトップへ